帰国子女のアドバンテージはあるのか?

帰国子女のアドバンテージはあるのか?

帰国子女、いいい響きの言葉ですがまわりに数人いるかいないかくらいだったりします。

帰国子女はどんな人を指すかという両親の都合で海外で暮らしていて日本に戻ってきた子供を指すことが世間一般的です。

圧倒的なメリットを持っている帰国子女ですが、実はちょっとしたデメリットもあるので、ここでは帰国子女ということにフォーカスを当ててどんな存在なのかみていきたいです。

GTA公式HPへ

帰国子女は外国語がペラペラって本当?

これは違います。帰国子女でも日本人だけしかいない日本人学校に通っているとあまり外国語が話せなかったりします。

ただし現地校に通っていた帰国子女はもうネイティブと同じレベルの語学力があるので帰国子女は居た国の言語を話せるという認識になってしまっているのかもしれませんね。

帰国子女は入試のときに有利になる!

これは本当ですね。帰国子女用の試験があるので一般入試と比べて難易度が低いと言われています。

そもそも帰国子女の絶対数がそこまで多くはないので、必然的に競争が起きにくいため入試も比較的に楽になります。

もちろん勉強することは当たり前になるのですが、一般入試の方がテストを見ると何この簡単な問題と思う程度くらいだそうです。

帰国子女は就職のときにも有利

こちらも事実です。ただし行っていた国にもよりますが、アメリカからの帰国子女はかなり有利に就職が運びやすいと聞きます。

日本国内企業だとそうでもないのですが、外資系企業ですと当然外国の方と一緒に働くということになります。

そうすると異文化と若い間から交流してきてその対処方法になれている帰国子女は先行に有利になると聞きます。

もちろん英語もネイティブ並に話せるというのが条件となります。

帰国子女にデメリットはないのか?

いいことしかない帰国子女ですがデメリットはあります。海外で勉強しているとカリキュラムの差が日本と発生してしまい、年齢的には小学4年生だけどカリキュラムを満たしてないから3年生から授業を受けてと言われることもあったりします。

カリキュラムの差で一年を犠牲にする可能性があるというのはデメリットでしょう。

帰国子女のまとめ

メリットもデメリットもある帰国子女、どちらかというとメリットも多いですが、結局語学力を含めてどうするのかは個人差があります。

ただし、いくら語学力があると言っても日本に帰ってきて何もしないと語学力もなくなります。

自身の環境を上手く利用できる帰国子女が強いということになりますね!

GTA公式HPへ TOPページを見る