お金が無いことが引き起こす悪影響

お金が無いことが引き起こす悪影響

フランチャイジーを副業で始めた人は問題無いと思いますが、お金が無いことは生きていく上で様々な悪影響があるんです。

自分だけであればまだ良いですが、それが子供など家族に影響してしまうのは辛いですよね。

そこでお金が無いことでどのような悪影響があるのかみていきましょう。

学力への影響

貧困であるということは、親の思っている以上に子どもの成長に大きな影響を与えてしまいます。

以前から教育格差は問題になっていますが、塾や家庭教師、習い事もそうですが、高校や大学進学には多額な費用がかかりますよね。

また中には費用が払えないために、大学進学を諦める子や、進学するために高校生のうちからアルバイトをする子もいます。

他の同級生が勉強している時間に家族のためにアルバイトをしなければいけないのは、様々な面で大きな負担になっているはずです。

さらに大学進学のために奨学金を借りても、その返済が大学卒業後に襲い掛かってくるため、貧困のスパイラルから抜け出せないでいる人も存在します。

精神面への影響

学力だけなく、心にも大きな影を落としてしまうことがあります。

子供が生まれるとたくさんのお金がかかりますが、そういったことから親がお金が無いせいを子供にぶつけてしまうこともあります。

親からこういった言葉を浴びせられた子どもは、自尊心を抱けなくなってしまいますよね。

もしくは小さい頃から「お金がないから我慢なさい」と言う言葉をかけられれば、敏感な子どもは察していろいろなことを諦めてしまうのは容易に想像できます。

こういった可能性を狭めてしまっているのもお金が無いということが影響しています。

社会的な経験不足

お金が無いということは、子供に様々な経験をする機会を与えてあげることができません。

色々なものを食べさせてあげたり、旅行に行ったり、習い事をしたり、そういったことが極端に少ないと周りと比べて社会的な経験が少ない子供になります。

そういった子供がそのまま成長すると、何かにチャレンジするといった精神が生まれにくいため、さらに人より社会的な経験が不足してしまうことになってしまいます。

自分のためだけでなく家族のために

もし今結婚をしていない人でも、将来の家族のためにお金を貯めておくことは決して無駄ではありません。

今のうちに稼げる副業をしておくことで、自分だけでなく、将来の家族に様々な経験をさせてあげることができます。

あの時やっておけばと思わないように、しっかりと前向きに行動していきたいですね。

TOPページを見る